ガス主任技術者試験の合格を目指してます






ランキング投票

「人気blogランキング」参加中



ブログ内検索



プロフィール

コロナ

コロナ
のほほ~んと
まったり
生きたいナ

<既取得資格>
ガス主任(乙種)



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



最新記事



リンク



QRコード

QRコード



FC2カウンター



最近のコメント



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボイル=シャルルの法則
ボイル=シャルルに入る前に。

圧力をp体積をVに置き換えて考えます。

<ボイルの法則>一定温度の気体の体積は圧力に反比例する。
圧力をp、体積をVとすると、
pV=k

kは温度により変わり、高温では大きく、低温では小さい。

<シャルルの法則>
一定圧力の気体の体積は温度が1℃上がるごとに、 0℃のときの体積の1/273ずつ増加する。
体積をV、温度をtとすると、
V=V0(1+t/273)


V0は0℃での気体の体積である。

ここで絶対温度Tを用いると上式は、
V=V0T/273

また、
V/T=一定
であらわすことができる。
すなわち、一定圧力の気体の体積は絶対温度に比例する。

boyle.jpg


<ボイル=シャルルの法則> この二つの法則を合わせるたのがボイル=シャルルの法則。
気体の体積は、圧力に反比例し、絶対温度に比例する
pV/T= 一定

人気blogランキングへ

全国に広がる59ホテル・約15,000室のネットワーク 東急ホテルズ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://showw.blog15.fc2.com/tb.php/3-b33d819b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。