ガス主任技術者試験の合格を目指してます






ランキング投票

「人気blogランキング」参加中



ブログ内検索



プロフィール

コロナ

コロナ
のほほ~んと
まったり
生きたいナ

<既取得資格>
ガス主任(乙種)



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



最新記事



リンク



QRコード

QRコード



FC2カウンター



最近のコメント



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(過去問)平成16年度ガス主任技術者試験:甲種
赤火式燃焼

<セミ・ブンゼン式燃焼>
赤火式とブンゼン式の中間で、一次空気率が約40%以下の内炎と外炎の区別がはっきりできない燃焼法。全一次空気式燃焼…高空気比での全一次空気式燃焼は希薄予混合燃焼ともよばれ、低NOxバーナーに用いられる。

<パルス燃焼>

①加熱効率が高く省エネルギーが可能である。
加熱効率が93~95%と高く、従来の浸管バーナーの1.5倍

②高負荷燃焼室が可能

<触媒燃焼>

①約400℃程度の均一加熱が可能

②放射効率は42~47%と高く、従来の赤外線バーナーに比べて約1.7倍


2871692437.jpg


<濃淡燃焼>

全一次空気式バーナーとブンゼンバーナーを交互に配置させた構造
予混合燃焼バーナーでは空気比1.5~2.0の希薄燃焼をさせNOx低減を図り、
この保炎性の低い予混合希薄火炎をブンゼン燃焼にて保炎することにより、
低NOx化と保炎性を両立している

分かる! 解ける! 英文法!

人気blogランキングへ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://showw.blog15.fc2.com/tb.php/230-7cfe5820
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。