ガス主任技術者試験の合格を目指してます






ランキング投票

「人気blogランキング」参加中



ブログ内検索



プロフィール

コロナ

コロナ
のほほ~んと
まったり
生きたいナ

<既取得資格>
ガス主任(乙種)



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



最新記事



リンク



QRコード

QRコード



FC2カウンター



最近のコメント



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


酸素欠乏の恐れがある場合
酸素欠乏事故の防止
 バルブピット、地下整圧器室、洞道等の酸素欠乏のおそれのある場所 (H11) (以下「酸素欠乏危険場所」という)において作業を行う場合は、酸素欠乏危険作業主任者を選任し、酸素欠乏による災害を防止するため、次の措置を講ずる必要がある。

1:  酸素濃度計により作業場所の空気中の酸素濃度が18%以上であることを確認したうえで作業にかかる。酸素濃度が18%未満の場合は、送風機等で換気を行った後、作業にかかるとともに、作業中は換気を中断してはならない。換気を行っても、酸素濃度が18%以上にならない場合は立ち入ってはならない。
 作業場所の空気中の酸素濃度の測定は、作業を開始する前に行い、その測定結果を記録し、3年間保存しなければならない。 (H11) また、作業に従事する者の身体、換気装置等に異常があった場合にも作業場所の空気中の酸素濃度測定を行わなければならない。

人気blogランキングへ

太陽光発電システム無料調査申込受付中!




テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://showw.blog15.fc2.com/tb.php/13-f928fbec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。