ガス主任技術者試験の合格を目指してます






ランキング投票

「人気blogランキング」参加中



ブログ内検索



プロフィール

コロナ

コロナ
のほほ~んと
まったり
生きたいナ

<既取得資格>
ガス主任(乙種)



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



最新記事



リンク



QRコード

QRコード



FC2カウンター



最近のコメント



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


燃焼排ガスについて
ガス主任技術者試験まで、あと1週間!

今日は図書館へ行ってきました。554702357.jpg



宅建を勉強してる人かなあ~
みんな一生懸命してたよ。
もしかするとこの中にガス主任勉強してる人いたかもね。37922357.jpg



<燃焼排ガスについて>
都市ガスが燃焼した場合、可燃性成分は酸素と反応し、
炭酸ガス(CO2)と水蒸気(H2O)が生成物として発生する。
また、酸素を供給するために使われた空気中に窒素が多量に含まれていることから、
これが都市ガス中の不燃成分とともに排ガス中に含まれて出てくる。

従って、燃焼排ガスの成分は

a. 燃焼により生成した炭酸ガスと水蒸気
b. 都市ガス中の不燃成分
c. 供給された空気中の窒素


となる。

これは理論空気量と混合して燃焼した生成物
(理論燃焼排ガス量又は理論排ガス量という。)の成分であるが、
実際の燃焼では理論空気量より 20~40% の過剰空気が入るため、
燃焼排 ガスの成分に

d. 供給された空気中の燃焼に使われなかった酸素

も含まれる。

燃焼排ガス量には、湿り燃焼排ガス量と乾き燃焼排ガス量とがある。
 乾き燃焼排ガス量とは湿り燃焼排ガス量から燃焼による水の生成物(水蒸気)
及び空気中の湿分を除いたものである。


2758690868.jpg


ガス主任技術者試験当日も昼食は持ってきてた方がベスト。
というのも次の論述の見直しする時間が出来るからです。

ひまわり証券。ネット株スタート!


人気blogランキング

ガス器具専門店gurirer.jpg

テーマ:勉強方法 - ジャンル:学問・文化・芸術


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://showw.blog15.fc2.com/tb.php/116-ed6add5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。